イトーヨーカ堂のランドセルについて

MENU

イトーヨーカ堂のランドセルの特徴

ランドセルといえば、老舗のランドセルメーカーや、鞄屋が作るランドセルが主流でしたが、近年では量販店や日曜雑貨店などでも子供の進学に必要ある商品という事でランドセルを開発、製造販売するようになりました。
その先駆けともいえるのがイトーヨーカ堂のランドセルです。

 

イトーヨーカ堂のランドセルは、天使の羽のランドセルを作っているセイバンが協力して開発し、政策を行っているため、構造や商品のラインナップは天使の羽と若干似ている点が特徴です。
また、肩ベルトや背面の構造も天使の羽の技術を活かして作られているため、活くて丈夫、そして背負いやすく、背負っても荷物を重たく感じないのが特徴です。

 

イトーヨーカ堂自体が量販店であるため、自社オリジナルのランドセルだけを展示するわけには行かず、他の人気ブランドのランドセルも同じ場所に並べています。
そのため、店舗に行くと実際に背負ってみたり、他の似たようなデザインのランドセルと価格や重さ、色、デザインなどを比較したりする事が可能です。
天使の羽と構造が良く似ているため何となく見分けが付きにくいのが難点ですが、天使の羽に比べると同じモデルでもカラーバリエーションが豊富で、女の子用はかぶせのデザインなどもおしゃれな刺繍が施されていたりするため、実際に背負ってみた後はデザインの好みで選ぶようにするといいです。
ちなみに女の子のランドセルはとてもキュートなデザインが多く、男の子のランドセルはシンプルだけれど、衝撃や傷に強いという特徴があります。