ランドセルの比較

MENU

ランドセルの比較

来春初めて子供が小学校に入学するご両親や祖父母の皆さんにとって、入学準備の中で最も気を使うのがランドセルです。
6年間も使用する上に、価格もかなり高額なものが多いため、どういったものを選べばよいのか悩む人も多いと思います。
幼稚園などに通っている場合は、幼稚園などからランドセルのカタログをもらってきたり、先輩ママさんたちから口コミで色々な情報を仕入れることができますが、それでもランドセルの種類が豊富すぎてどのランドセルにすればいいか分からなくなってしまう人も多いのです。
インターネットを活用して調べる方法もありますが、インターネット上にはネットショップというものもあり、各ランドセルメーカーではネット販売限定モデルというのを売りにしている商品もあり、更に選択肢が増えてしまう結果になります。
そこで、ランドセルを比較するときのポイントについていくつか紹介します。

 

まずは背負いやすいかどうか。
これはインターネットで見るだけでは分かりません。
そのため実際に店舗に行って実物を背負ってみるのが一番です。
本体価格が余りに重い場合は、低学年の内は学校に背負っていくだけでもストレスになります。
そのため1000グラム〜1300グラムぐらいまでの人工皮革製か、牛革製が主流になります。
また背負った後体にしっかりフィットするかどうかも比較するポイントです。
量販店によっては、ランドセルに実際の教化書類などを入れた程度の重さのものを入れた状態で体験できるところもあります。
背中にしっかりフィットしていれば重たい荷物を背負っていてもそんなに重たいと感じることはなくなります。

 

今はほとんどのランドセルがA4サイズ対応となっていますが、A4サイズでも、A4クリアファイルサイズとA4フラットファイルサイズに別れます。
夏休みや冬休みのお知らせなど厚い書類をぐちゃぐちゃにせずきれいに管理させるためには、クリアファイルサイズ対応のものよりフラットサイズ対応のもののほうがきれいに入ります。しかし、フラットファイルサイズ対応のランドセルを選んでしまうと、教化書類が少ないときに中で横になったり、教科書やノートが傷んでしまうことがあります。
フラットファイルでのお知らせが多い場合は大きめのランドセルでもいいのですが、少ない場合はクリアファイル対応のランドセルにして、書類が多いときは手下げで対応するようにすると良いです。

 

他には、色やデザイン、実際の使用感が良いかどうか、撥水性があるかどうかなどをしっかりと比較検討して購入すると良いです。